社員インタビュー05|株式会社ダブルスタンダード 採用情報
05

チームの垣根を越えて
さらなる顧客満足へ貢献

D.Hさん
2015年中途入社
プロダクト開発グループ
プロジェクトマネージャー職

どんなところに魅力や可能性を感じて、入社を決めましたか?

ここに入社する前は大手システム開発会社で働いていました。そこでは、開発案件のために人が集まり、プログラミングとテスト工程をピークに人が減っていき、納品と同時に解散する。人の輪と集積されたノウハウは散り散りとなり「あの後あのシステムはどうなったんだろうか」という疑問がありました。
その点についてダブルスタンダードは、サービス提供を行った後もお付き合いを継続し、顧客が利益を享受し続けているか、もっと良くできないか、また顧客を取り巻く情勢に合わせてきめ細やかな対応をして顧客に寄り添う姿勢です。そしてチームは解散せずノウハウも溜まっていきます。ここに魅力を感じて入社を決めました。

仕事内容と面白みについて教えてください。

顧客の課題を解決するためのサービスを企画・開発するチームとしての役割を担っているのが私たちです。顧客担当者と一緒に具体的なサービスのイメージを作り、システムの開発や運用・保守までを担当しています。
また、基本的に客先への常駐をしていないので、顧客利益を考えた自分の発想をシステムに反映させられるなど、自由でクリエイティブな仕事の進め方ができる一面があります。これは弊社で働く面白さや強みにつながると思っています。
そして、顧客から受託開発するサービスだけでなく、自社サービスも立ち上げから開発そしてサービスの運営まで関わることが出来ます。

これまでの経験の中で印象に残っているエピソードはありますか?

システムにはエラーがつきものです。ある時、当社に起因しない箇所でのシステムエラーにより当社サービスが止まってしまったことがあり、その時の対応が大変だった記憶があります。
あらゆる場面を想定してシステム開発を行うようにしていますが、突発的な事象が発生することは少なからずあり、その都度大変な思いをしますが、お客様にとってはもっと深刻な状況ですので、そこに寄り添って一緒に解決に向け取り組むことで更なるお客様との信頼関係を築くことができると前向きに捉えています。

最後に、今後の目標について教えてください。

エンジニアと営業がぶつかり関係が悪くなるのは「あるある」ですが、当社ではこの2者が協力しなければ、顧客を知り、目的を知り、目標を達成することが出来ません。
営業とエンジニアの協力体制をより強固にし、より顧客へ貢献できるように環境を整えたいと考えています。

arrow_upward