データジェネレート


データ活用を低価格、高精度、短期間で推進。 データ活用を低価格、高精度、短期間で推進。

データジェネレートシステムで実現できること

データジェネレートシステムにより、売上向上に直結するデータの収集、加工、ご提供までをワンストップで対応いたします。

データの利活用

データの利活用

これまで利用できなかった各種データを、市場分析、コンテンツ活用などできる状態へ加工・変換

業務効率化

業務効率化

売上に直結する市場分析、データ加工にかかる業務の自動化により、売上向上・コスト削減を実現

データドリブン※な組織運営の推進

データドリブン※
な組織運営の推進

自社データとWEBデータ、購入データ、紙データなど、あらゆるデータを突合により、データドリブンな組織運営を支援
※データとアルゴリズムをもとに最適化された合理的な業務プロセス

データジェネレートシステムとは

データジェネレートシステムは、データを機械的に処理することができるため、企業様のデータ利活用を飛躍的に推進します。
その処理は、「データクレンジング(クレンズ)処理」「データエンハンス処理」の2つから構成されています。

データクレンズ(クレンジング)処理

データクレンズ(クレンジング)処理

誤記修正や名寄せ、欠損充当などを実施することで、活用が困難だったデータを"価値あるデータ"へ昇華する処理

データエンハンス処理

データエンハンス処理

データを元に、新しい属性情報を付与(タグ付け、カテゴライズなど)し、新たなデータ価値を創出する処理

ダブルスタンダードの
データジェネレートシステムの3ポイント


ポイント1.
高精度なデータ提供

極めて加工難易度が高いデータであっても、当社エキスパートシステムとAI技術を組み合わせて活用することで、合理的に・低コストで処理を行うことができます。

エキスパートシステム※

エキスパートシステム※

膨大なパターンへのアルゴリズム・マスタ処理で、誤記・欠損などのデータ汚れを修正・加工

※人工知能研究から生まれたコンピュータシステムで専門家と同等レベルの判断をシステム的に処理可能なシステム

AI技術

AI技術

AIを活用することで、今まで人の感覚に依存していた業務を、自動的に実現。エキスパートシステムにより処理されたデータに対して処理を行うため、AIの精度が最大化されます。

ポイント2.
廉価なサービス提供が
可能な理由

創業当初から行っているビッグデータ事業で得た知見をもとに、人に依存しない、ほぼ機械的に処理できる(99%超※)仕組みを用意しています。
※毎月1千万データ以上を処理し、処理のメンテナンスを継続しています。

"人"ありきのアプローチ

目視依存による高コスト化

※対応範囲が限定的かつ拡張性が低い

人ありきのアプローチ

AIのみのアプローチ

不十分な前処理でのAI処理では
精度向上が困難

※AIモデルの精度が向上しない

AIのみのアプローチ

ダブルスタンダードのアプローチ

高精度なデータ生成を
低コストで実現

高精度なデータ生成を低コストで実現

※ 99%超を自動処理し、残りごく僅かを目視で処理

ポイント3.
充実した支援体制

新規事業創造、既存事業改善までを実現するコミュニケーションで、企業様が実現したい世界観、サービスの構築に向けて全力でご支援いたします

1.ヒアリング

ヒアリング

課題や目的、ご要望のヒアリング

flow

2.ご提案

ご提案

当社の知識・経験を踏まえたディスカッション

flow

3.開発・運用

開発・運用

将来を見据えた拡張的な開発・運用

データメンテナンスにおける
4ステップ

システム導入後のデータメンテナンスでは、導入企業様にもご協力をいただきながら、精度改善を継続しています。

データメンテナンスにおける4ステップ

データドリブンな組織運営を
実現し、DX推進の基盤構築をいたします。

事例1.大手金融機関様

異なるデータベース(DB)で管理している
顧客データの一元管理を実現

事例1.大手金融機関様

課題

顧客情報を横断的に管理したいが、同じ顧客で表記ゆれが多発し、名寄せが不可能

効果

・顧客情報の横断的管理が可能になり、深耕営業によって売上拡大
・過去の交渉履歴。営業実績を基に、顧客の潜在ニーズを可視化

事例2.大手人材会社様

手作業で行っていた
フリーテキスト情報の正規化を、
データクレンジング+AI技術によって90%自動化

事例2.大手人材会社様

課題

求人票内の業種や仕事内容など、非構造化データをカテゴライズする負担が膨大

効果

・膨大な負担がかかっていたデータ整備が自動化されたことで、戦略立案がスムーズになり、売上利益が大幅に向上

事例3.大手不動産会社様

自社データと外部データ(WEB、事業者用DBなど)を突合し、「市場分析データ」を生成

事例3.大手不動産会社様

課題

データ内に誤記や欠損が多発しており、物件数・不動産会社数などのエリア/経年分析などが不可能

効果

・外部データと自社データを名寄せし、自社と競合企業の強み / 弱みの分析、未来予測データとして活用可能に
・正確な情報の蓄積が可能になり、経年分析が可能になったことで、勘や経験に依存しない定量的な営業活動を実現

よくある質問

  • データジェネレートシステムの導入によってどんなことができるようになりますか?

    データジェネレートシステムの導入によって以下が可能になります。

    • 1.データの利活用の促進
    • 2.業務効率化
    • 3.データドリブンな組織運営の推進

    詳しくは下記をご覧ください。

    データジェネレートシステムで実現できること

  • データジェネレートシステムの導入にあたって用意しておくことはありますか?

    事前にご準備いただくものはございません。

    お打ち合わせをさせていただくなかで、お客様の課題感、実現したいことをヒアリングさせていただき、データ仕様の策定や運用設計などをご相談させていただきます。

    サービスの詳細はサービスページをご覧くださいませ。

  • 導入実績について教えてください。

    業界を問わず、幅広いお客様から引き合いをいただいており、データジェネレートシステムを活用した自社データ分析、競合分析データのご提供など数多くの導入実績がございます。

    事例といたしましては、

    • 1.【金融機関様】 顧客データの一元管理化
    • 2.【人材会社様】 非構造化データの構造化
    • 3.【不動産会社様】自社データとの差分比較による競合分析データ

    詳しくは導入事例をご覧ください。

無料相談・資料請求

データジェネレートシステムについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※法人様の営業、ご連絡は「こちら」までお願いします

氏名

会社名

電話番号

※日中に連絡可能な電話番号(携帯電話可)を
入力してください。

メールアドレス

お問い合わせ内容

サービス紹介

請求書OCRシステム

insert_drive_file

毎月の請求書業務の作業時間と人件費を大幅削減

アクセスブロック

block

Webサイトに訪れる不要アクセスをブロック

eKYC(本人確認)

people

当社技術を活用したeKYC(オンライン本人確認)サービス

arrow_upward