ダブルスタンダードの不動産テック


不動産テックとは?

不動産テックとは?

不動産テックとは、不動産×テクノロジーの略で、テクノロジーによって、不動産業界に残るアナログ業務や膨大な手作業による業務や商習慣を変えようとする取り組みのことです。世界と比べて日本における不動産業界へのIT導入は圧倒的に遅れており、平成27年の厚生労働省の発表では、IT資本投入は米国と比べ1割、労働生産性は4割に留まると言われています。しかし近年では、重要事項説明のオンライン化や不動産データの一元管理などの取引インフラ整備を政府が推し進めていることや、不動産テックに特化したベンチャーキャピタルが創設されるなど急速な市場拡大が見込まれています。

不動産テック推進の
3つの効果

不動産テック推進の効果として、
主に以下の3つが挙げられます。

1.データの有効活用

データの有効活用

2.不動産取引の活性化

不動産取引の活性化

3.業務効率化

業務効率化
データの有効活用

データの有効活用

社内に散在しているデータを集約し、企業として活用可能なデータに変換することで、物件情報の拡充や付加価値の創造、データに裏付けされたマーケティング分析が可能になります。データを有効活用することで、競合他社にはない強みや弱みの発見、また顧客対応の質の向上による成約件数アップを見込むことが出来るようになります。不動産テックを推進する上で、データをどれだけ活用できるかは成功のカギを握るポイントです。

不動産取引の活性化

不動産取引の活性化

不動産テックを推進することは、不動産取引の活性化とも密接に結びついています。例えば、これまで経験や知識が豊富な、ベテラン営業にしかできなかった家賃査定をシステム化することで営業機会が増加したり、対面で実施する必要があった顧客との契約をWeb上で実施できるようになることで、スムーズな契約が可能になることなどが挙げられます。また、現在は新型コロナウィルスの影響で、外出への抵抗感があるお客様もいらっしゃいますが、不動産テックをうまく活用することで不動産取引の活性化につなげることができます。

業務効率化

業務効率化

不動産業界の過労働60時間以上の雇用者の割合は、2013年時点で10.3%※、2018年時点で6.2%※と、かなり改善されています。過労働の主な理由としては、店舗での顧客対応、物件や顧客情報の管理、建物の修理依頼対応、日報の作成など、業務内容が多岐に渡ることが挙げられます。それらの従来は人が行ってきた業務を、チャットボットシステムや顧客管理システムなどの不動産テックサービスを活用することで業務効率化が進み、人はよりクリエイティブな業務に集中できるようになることで売上向上が期待できます。

※引用元:内閣府 仕事と生活の調和レポート2018
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/top/hyouka/report-18/h_pdf/gaiyou.pdf

不動産テックの
市場規模

2020年の不動産テックの市場規模は、6,110億円※と推計されています。また、2025年までに、2020年度比203.9%の1兆2,461億円※まで成長するといわれています。新型コロナウィルスが流行したことで、オンライン会議ツールなど非対面でも相手の顔を見ながら話が出来るサービスが開発されたり、また様々な不動産テックベンチャーが誕生したことで、不動産業界にもIT化の波が押し寄せています。これまではというと、不動産業界では積極的にテクノロジーを利用しようという動きはありませんでした。それは、不動産という大きな買い物をするにあたり、対面での取引が主流なことや、契約の判断をする前に一度は実際に物件見てから決断をする人がほとんどなためです。2020年時点での不動産テックの浸透率は3.4%と言われており、まだまだ知名度が低い状況です。逆をいえば、テクノロジーによる伸びしろが残されており、今後大幅に成長する可能性を残している産業と捉えることができます。

※矢野経済研究所調べ 引用元URL:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2770

システム導入後の課題

確実に成長を続けている不動産テック市場ではあるものの、システムを導入した先にも、以下のような様々な課題が待ち受けています。

仕様の理解不足

担当者のITリテラシーにより、使える機能が限定的で、システムを活用しきれない

仕様の理解不足

既存業務とのアンマッチ

事前の業務整理が足らず、導入済システムとの連携や手作業で行っていた業務のシステム移管がうまくいかない

既存業務とのアンマッチ

手入力の多さ

紙書類への起票はなくなったが、データ入力作業が新たに発生し、実工数は期待していたより削減されていない

手入力の多さ

ダブルスタンダードの不動産テック

弊社の不動産テック領域のサービスは、ビッグデータ処理により培われてきた、データクレンジング処理基盤をもとに開発されております。そのため、システム化やAI学習に必要となるデータの収集、活用可能な形へのデータコンバート、システムへのデータ連携において大きな優位性をもっており、お客様の業務負荷削減、労働生産性の向上の実現が可能です。また、システム導入前と導入後の業務フローをしっかりと整理し、お客様にもご納得いただいたうえで開発に着手させていただいております。そのため、既存業務とのアンマッチが起こらず、システム導入から社内浸透までの一連の流れをスムーズに行うことが可能です。「不動産テックの必要性は認識しているが、何から始めたらいいかわからない」という企業様に対しては、データの活用方法からご相談させていただきます。

ダブルスタンダードの特徴

ダブルスタンダードの不動産テック領域サービスには以下の特徴がございます。

データの活用方法のご提案

ご要望に即したソリューションを
ご提供

充実したサポート体制

データの活用方法のご提案

データの活用方法のご提案

我々は創業当初からデータビジネスを展開しており、必要データの情報収集、クレンジング技術を駆使した活用可能な形へのデータコンバート、具体的なデータ活用方法のご提案が可能です。企業様からのご要件をただ受けるだけでなく、課題整理段階から参画させていただき、伴走しながらDX(デジタルトランスフォーション)※を進めることが可能です。

※DX:IT技術の導入によってサービスやビジネスモデル、企業活動を変革し、競争上の優位性を確立すること

ご要望に即したソリューションをご提供

ご要望に即したソリューションをご提供

我々は大手企業様を中心に、二人三脚で不動産DXシステムを数多く開発してきた経験がございます。そのため、募集~物件管理までの一連の不動産業務のDXシステム開発経験が豊富にございます。また、社内業務やオーナー様提案向けのシステム開発も数多く手がけており、お客様のご要望に即したソリューションをご提供させていただくことが可能です。

充実したサポート体制

充実したサポート体制

不動産テックを導入してからの課題として、システムの仕様理解が進まず、なかなか社内に浸透しないということが挙げられます。しかし、弊社ではお客様と定期的にお打ち合わせのお時間をいただき、課題解決まで伴走させていただきます。安心してサービス導入をご検討ください。

ダブルスタンダードの
サービスラインナップ

ダブルスタンダードでは、不動産テック推進にあたり多くのシステム開発実績がございます。

不動産情報収集システム

不動産情報収集システム

貴社データ Webデータ

Web上から最新の不動産情報を収集し、任意の形に加工してご提供

不動産価格査定システム

不動産価格査定システム

貴社データ Webデータ

Web、貴社保有データを活用し、AIが自動で適正家賃と収支予測を算出

WEB入居プラットフォーム

WEB入居プラットフォーム

貴社データ

入居~契約までの一連の流れを
Web上で完結

不動産仲介営業支援システム

不動産仲介営業支援システム

貴社データ Webデータ

売買仲介における見込み顧客へ、データをもとにした迅速なアプローチを実現

建築概算見積システム

建築概算見積システム

貴社データ Webデータ

分譲マンション建築などにおける
各種業務を効率化

不動産テック導入事例

不動産テックに関する導入事例について
ご紹介いたします。

仲介会社における不動産テック事例

立地診断・家賃査定システムにより、オーナー様ご提案時の物件調査レポートをスピーディーに作成可能に

概要

周辺物件や利便施設、部屋の方角や家賃相場などを自動で収集し、エリアマーケティングや家賃査定をシステム化

効果

・業務時間の大幅短縮
・営業担当者様のスキルに左右されない根拠のある提案の実現

ディベロッパーにおける
不動産テック事例

建築工事時の概算見積に必要な業務を自動化

概要

物件調査や用地情報登録、PDF情報の目視読取などの、建築工事概算費用算出に必要な各種情報の収集、管理をシステム化
※必要に応じて専用ワークフローシステムによって、社内での情報共有の効率化を図ることも可能

導入効果

・建築費用の概算見積にかかる膨大な業務負荷の大幅軽減
・作業スピードの加速による労働生産性の向上

よくある質問

  • 不動産テックの導入によってどんな効果がありますか?

    弊社では不動産テックの効果について、以下のように考えております。

    • データの有効活用
    • 不動産取引の活性化
    • 業務効率化

    詳しくは下記をご覧ください。

    不動産テック推進の3つの効果

  • 具体的にどうやって不動産テックを導入するべきかがわかりません。

    弊社ではお客様の課題整理から参画させていただき、解決まで伴走させていただいています。
    お客様の費用対効果観点を最重要視して、全体のDXを一緒に考えながら、費用対効果の高い部分から、少しずつDX化を支援することで、後から失敗したとならないDXを支援しています。
    まずは弊社サービスをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

    ダブルスタンダードの不動産テック

  • 自社データを大量に保有しているためシステムに連携したいのですが、ファイル形式がバラバラで統一が大変です。

    AI OCR技術やデータクレンジング技術、独自アルゴリズムを活用して、HTMLやPDF、jpegや紙などあらゆるファイルをまとめた統合DBをお作りいたします。システム連携用のキーなども任意に作成可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

無料相談・資料請求

不動産テックについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※法人様の営業、ご連絡は「こちら」までお願いします

氏名

会社名

電話番号

※日中に連絡可能な電話番号(携帯電話可)を
入力してください。

メールアドレス

お問い合わせ内容

サービス紹介

請求書OCRシステム

insert_drive_file

毎月の請求書業務の作業時間と人件費を大幅削減

アクセスブロック

block

Webサイトに訪れる不要アクセスをブロック

eKYC(本人確認)

people

当社技術を活用したeKYC(オンライン本人確認)サービス

arrow_upward