書類マスキングシステム


書類マスキングシステムとは

書類マスキングシステムとは、保険証を始めとした各種書類の機微情報を自動でマスキングするシステムです。2020年10月1日に施行された「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律」により、被保険者記号・番号が個人単位化されました。それに伴い、本人確認書類として、健康保険証の写しを使用する場合は、プライバシー保護の観点から、事業者もしくは顧客のいずれかが保険者番号・被保険者記号・番号をマスキングする必要があります。事業者によっては、膨大な数の書類をマスキングする業務が発生しており、本システムの引き合いが急速に高まっております。

活用シーン

BPO業界

本人確認書類として利用される健康保険証マスキングのBPO業務

携帯電話事業者

携帯電話購入時やレンタル時に送付される健康保険証の写しのマスキング作業

古物商

非対面での物品売買時に送付される健康保険証の写しのマスキング作業

書類マスキングシステムの特長

書類マスキングシステムの特長として、
主に以下の3つが挙げられます。

自動マスキング

非定型対応

カード型以外の書類にも対応

自動マスキング

本人確認書類をアップロードするだけで、対象項目を自動でマスキング

非定型対応

AI OCRとパターン処理の併用により、非定型書類のマスキングに対応

業務効率化

カード型以外の書類にも対応

保険証券などのカード型ではない書類にも対応可能
※一部カスタマイズが必要になります。

書類マスキングシステムの導入効果

法対応

特定個人情報のマスキングが可能なため、各種法令に対応可能

人的負担の削減

手作業でのマスキング業務が原則不要

作業時間の大幅軽減

マスキング作業、確認作業が不要になるため大幅な作業時間の削減を実現

導入事例

書類マスキングシステムに関する導入事例について
ご紹介いたします。

事例①:古物業界大手企業様

書類マスキングシステムの導入により、マスキング作業の大幅な業務効率化を実現

概要

オンライン上での物品売買における本人確認業務のマスキング作業をシステム化

効果

業務工数の大幅削減を実現
(30h/月のマスキング工数を0.3h/月に削減)

事例②:BPO業界大手企業様

書類マスキングシステムの導入により、業務効率化とリソース調整の平準化を実現

概要

本人確認のアウトソーシング業務のマスキング作業をシステム化

効果

業務工数の大幅削減を実現
(3,000h/月のマスキング工数が30h/月に削減)

お問い合わせ

書類マスキングシステムについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。

サービス紹介

請求書OCRシステム

insert_drive_file

毎月の請求書業務の作業時間と人件費を大幅削減

アクセスブロック

block

Webサイトに訪れる不要アクセスをブロック

eKYC(本人確認)

people

当社技術を活用したeKYC(オンライン本人確認)サービス

arrow_upward