健康診断書OCRエンジン


健康診断書
OCRエンジンとは

健康診断書OCRエンジンとは

健康診断書OCRエンジンは、健康診断書に記載されている情報を、OCR処理によってテキストデータ化するサービスです。健康診断の歴史は古く、様々な用途でデータ活用が進んでいます。1954年、現在の国立医療センターで始めて人間ドッグが行われ、それから現在に至るまで毎年実施され、2008年4月には特定健診・特定保健指導が導入され、健康診断結果が健康保険組合によって一元管理されるようになりました。2020年は世界的にパンデミックに陥ったコロナウィルスの影響もあり、年間2,000万人の人々が健康診断を受診し、多くのヘルスケアサービスに健康診断データが利用されるようになりました。しかし、健康診断書の多くは紙で発行され、データ化するためには原本を事務センターなどに集めてから一枚ずつ目視しながらシステムに手入力するか、スキャナーなどで電子化し、電子化したイメージから人手でデータ化を行う必要がありました。そのためヒューマンエラーによる入力ミスや作業負荷が課題として挙げられていました。それに加えて医療機関や人間ドッグの受診コースの違いにより、発行されるレイアウトが異なるためOCRによるデータ化は困難とされていました。しかし、弊社の健康診断書OCRエンジンはAI活用型OCRサービスになっており、レイアウトの違いに関わらず、スマ-トフォンで対象の健康診断書を撮影するだけで、書面の情報を取得しデータ化することが可能です。これまでデータ入力と入力結果の確認に割いていた多くの時間を大幅に削減することができるため、人件費の削減やサービス提供の迅速化が実現できます。

健康診断書OCRエンジンの
特徴

データクレンジング機能

データクレンジング機能

非定型書類読取

非定型書類読取

撮影補助機能

撮影補助機能

データクレンジング機能

データクレンジング機能

健康診断書は、医療機関や健診コースによってフォーマットが異なり、そのうえ検査項目が非常に多いため、技術的なハードルが高く、なかなかシステム化が進んでいませんでした。しかし、弊社のOCR処理では、創業以来知見が蓄積されてきたデータクレンジング技術を活用した独自のAIシステムが搭載されており、システムによってフォーマットが異なる書類の表記ゆれを統一し、高精度にテキストデータを取得することが可能です。そのため、運用担当者様が手作業でデータ入力しなおす必要があった書類の件数を大幅に削減し、業務負荷軽減を実現いたします。

非定型書類読取

非定型書類読取

弊社の健康診断書OCRエンジンにはAIが搭載されており、読取位置や項目を自動で判定することが可能です。そのため、医療機関ごとにレイアウトが異なる健康診断書でも、事前に簡単な設定をするだけで、高精度に情報を読み取ることが可能です。

撮影補助機能

撮影補助機能

従来のOCRサービスでは、撮影時に健康診断書が折れ曲がっていたり、全体が映っていなかったりした場合、適切な読取ができず、場合によっては何度も撮影し直していただかなくてはならないという課題がありました。特に健康診断は年配の方の受信者が多いため、なるべく分かりやすく、シンプルなUI設計が必要となります。弊社の健康診断書OCRでは、撮影画面内に適切な撮影位置を示す補助線を表示いたします。そのため、撮影差戻しによるストレスの少ない、快適なサービスを提供することが可能になります。

健康診断書OCRエンジンの
活用シーン

下記のようなシーンの中で、従来ご担当者様が手入力する必要があった情報を、健康診断書をOCRするだけで瞬時に取得、データ化いたします。

保険業界

保険業界

生命保険の引受査定業務の
データ入力業務自動化

ヘルスケア業界

ヘルスケア業界

健康管理アプリへの
健診結果入力作業自動化

各企業労務部門

各企業労務部門

社内健康診断データの
集計業務自動化

お問い合わせ

健康診断書OCRエンジンについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※クリック後、サービスページに遷移します。

サービス紹介

請求書OCRシステム

insert_drive_file

毎月の請求書業務の作業時間と人件費を大幅削減

アクセスブロック

block

Webサイトに訪れる不要アクセスをブロック

eKYC(本人確認)

people

当社技術を活用したeKYC(オンライン本人確認)サービス

arrow_upward